中学受験:家庭教師の活用…勉強しても成績が上がらない状態の脱出法

いくら勉強しても成績が上がらない…家庭教師による”ピンポイント補習”をせよ

こんにちは。かるび勉強部屋 ゆずぱ です。

いくら勉強しても偏差値が上がらない。もしかすると…勉強の方法が間違っているのかもしれません。偏差値を上げる唯一の方法はとてもシンプル です…。

みんなができているのに
自分ができない問題を減らすこと

とてもシンプルなのに ”なぜ” できないのでしょうか? もしかすると…テキストや解説を読んでもイマイチ理解できない単元を自力でどうにかしようとしていませんか?

そんな単元は 自力でやるのは無理 です (-_-;)

第三者による ”ピンポイント補習” が最も効果的。塾の先生、親、映像授業、家庭教師。たくさん方法はありますが、本記事ではその中で家庭教師についてご紹介します_φ(・_・

うちの息子はコレで偏差値が爆上がりしました

それでは詳細に参りましょう!

参考:個別指導 ”コスパ最強”の偏差値アップ起爆剤

 

家庭教師は根本から分かるまで指導

なせ点数が取れない?誤答の3つのレベル

いくら勉強をしてもテストの成績が振るわない…そんな場合は 勉強法が間違っているかも しれません。

テストで点数を落としてしまう要因はレベル別に3つに分けることができますが、ちゃんと正しい対策をしていますか?

レベル①:普段はできるのに…

普段の宿題やテストなどで出来ているのに点数を落としてしまう。これは単純なミスであることが多いです。

経験と練習が足りないのかもしれません (-_-;) つまり対策は練習あるのみ… 数をこなせば正答率が改善するでしょう…。

 

レベル②:解説を読めば理解できる

解説を読んで ”あぁそうか…なるほど!” と理解できる場合は、知識や記憶の不足です。頭の中の整理ができていないのかも。

“ 間違え直しノート” を作って、その問題を解くのに必要な知識や解法をまとめることを繰り返すことで改善 d(^_^o)

 

レベル③:解説を読んでも理解不能

問題はこのレベルです (-_-;)

この場合は基本的に 自力でいくら努力をしても改善するのが難しいです… 自力で理解できないのだから第三者による助けが必要です_φ(・_・

そんな時は ”ピンポイント補習” ですd(^_^o)

 

第三者による補習=”ピンポイント補習”

最も手っ取り早いのは通っている塾の先生や親にピンポイントで補習をしてもらう方法ですが…なかなか出来ない場合も。

塾の先生や親以外の方法を紹介しますd(^_^o) 

本記事ではこの中で、家庭教師を利用したピンポイント補習の方法についてご紹介したいと思いますd(^_^o)

もし塾に通っていても成績が上がらない…そんな時はこの 家庭教師を利用する”方法②” が最も効果が期待 できます_φ(・_・

 

映像授業によるピンポイント補習は以下のリンクからどうぞd(^_^o)
リンク:スタディサプリの超効果的な活用術を紹介

家庭教師と同等の個別指導の活用については以下のリンクから_φ(・_・
リンク:個別指導”コスパ最強”の偏差値アップ起爆剤

 




家庭教師といっても大別して3種類

家庭教師の3つの選択肢

ひとことで”家庭教師”といっても 大きく分けて3つの選択肢 があります。以下の表のような感じですね d(^_^o) 

① 中受経験の大学生と個人契約

これは中学受験を経験した大学生のうち、家庭教師をしてくれる学生と直接、個人契約する方法ですd(^_^o)

つい数年前に中学受験を経験した大学生であること、そして個人契約なので費用をおさえられるのが最大のメリット。

でもそんな大学生は身近にいない…
いえ…マッチングサイトを使う方法がありますd(^_^o)

 

この方法ですが…かなりメリットがありますd(^_^o)

① 学生と個人契約なので費用を安くおさえられる
② つい最近中学受験を経験した大学生の指導
③ 自分の志望校の出身者に指導をお願いできる

例えば…“渋幕出身の東大生”みたいな感じでピンポイントで家庭教師を探すことも可能というわけです。

 

最もメジャーな家庭教師マッチングサイトは スマートレーダー ですd(^_^o)

家庭教師マッチングサイト
スマートレーダー
学生と親をつなぐマッチングサイト
中学受験を経験した現役の大学生教師を検索可能
マッチしたら学生と個人契約へ
公式サイトはこちら

 

 

② 一般的な家庭教師業社との契約

次は一般的な家庭教師業を営む会社との契約です。その会社に所属するプロや学生の家庭教師から指導を受ける契約をしますd(^_^o) 

家庭教師を営む会社は めちゃんこたくさん あります∑(゚Д゚)

関西地方など特定の地域に強い会社、学生を使わずにプロ家庭教師が売りの会社、AIを使って苦手分析を持つ会社…

そして 料金体系もさまざま です (^_^;)

住んでいる地域で信頼のできる家庭教師の会社があれば良いですが、特に分からない場合は資料の一括請求が便利有用です!

以下のサイトでは 条件に合うサービスへの資料一括請求 ができ、じっくり吟味できますd(^_^o)

家庭教師のナビサイト
ウェルカム家庭教師ナビ
家庭教師会社への一括資料請求
家庭教師サクシード、家庭教師アルファなど…15社
公式サイトはこちら
家庭教師のナビサイト
家庭教師 比較くらべ〜る
家庭教師会社への一括資料請求
家庭教師トライ、学参家庭教師など…39社
公式サイトはこちら

 

③ 中学受験専門のプロ家庭教師

最後は中学受験専門の家庭教師会社です。

全国で 中学受験をする生徒の割合はわずか1割 程度。さらに中学受験は学校の授業では太刀打ちできず特化した指導も必要…

中学受験は本当にニッチな世界
中学受験”専門”をうたう業社もかなり限られます 

専門なだけに他の家庭教師と比べ1時間あたりの授業料はやや高めに設定されています。最低でも1時間7000円程度 は掛かります∑(゚Д゚)

が…専門をうたっているだけに、派遣される家庭教師は 中学受験に対応した仕様で品質は間違いない ですd(^_^o)

ただし教師の品質とお子様との相性は別物なので…それは運によります(>_<)

 

首都圏では何といってもこの2社 でしょうd(^_^o)
私 ゆずぱの息子は “ドクター” を利用しました。シッカリとした成果もd(^_^o)

中学受験専門
家庭教師 ドクター
中学受験専門の家庭教師
中学受験専門の家庭教師サービスを提供
公式サイトはこちら
中学受験専門
家庭教師 アクセス

中学受験専門の家庭教師
中学受験専門の家庭教師サービスを提供
公式サイトはこちら

 




家庭教師の効果を最大化する

事前準備は”超重要”

せっかくお金をかけて家庭教師を利用するのであれば…ヤミクモにやったのではもったいない!事前準備をオススメします。

事前準備としては ”苦手単元の抽出” をすることが重要! 

とはいえ簡単です。過去に受けた模試などのテストから簡単に苦手単元は抽出することができますd(^_^o)

 

模試結果から苦手を抽出する

自分の苦手単元を知るには模試の結果を使うのが最も手っ取り早いです。やり方はとてもシンプルd(^_^o)

正答率が高いのに間違えが目立つ
それこそ苦手単元ですねd(^_^o)

じゃあ正答率50%の問題を間違えたら苦手なのか…?それは自分が目指す偏差値で判断することになります d(^_^o)

 

目指す偏差値ごとに苦手の判断を

例えば偏差値50を目指しているのであれば、正答率50%以上の問題を着実に正答できれば到達できます _φ(・_・

模試の結果で 正答率50%以上なのに間違えが目立つようであれば、苦手単元と判断して良いでしょうd(^_^o)

一方、偏差値60を目指すのであれば範囲が広がります。正答率15%以上の問題は対策しておきたいところです_φ(・_・ 

 




まとめ

中学受験における家庭教師の徹底的な活用法をご紹介しました。我が家はこの方法で伸び悩んでいた偏差値を一気に上げることに成功しました d(^_^o)

苦手分野を家庭教師でピンポイント補習

そして家庭教師といっても3つの方法があります

1)大学生との個別契約

家庭教師マッチングサイト
スマートレーダー
学生と親をつなぐマッチングサイト
中学受験を経験した現役の大学生教師を検索可能
マッチしたら学生と個人契約へ
公式サイトはこちら

2)一般の家庭教師会社

家庭教師のナビサイト
ウェルカム家庭教師ナビ
家庭教師会社への一括資料請求
家庭教師サクシード、家庭教師アルファなど…15社
公式サイトはこちら
家庭教師のナビサイト
家庭教師 比較くらべ〜る
家庭教師会社への一括資料請求
家庭教師トライ、学参家庭教師など…39社
公式サイトはこちら

3)中学受験専門の家庭教師会社

中学受験専門
家庭教師 ドクター
中学受験専門の家庭教師
中学受験専門の家庭教師サービスを提供
公式サイトはこちら
中学受験専門
家庭教師 アクセス

中学受験専門の家庭教師
中学受験専門の家庭教師サービスを提供
公式サイトはこちら



関連記事とスポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。